“Icon of the Dawn”

「夜明けの偶像」

2021, HD Video, (1H)  Display, 1367 × 838 mm.
Collaboration with Naoya Hirata






“未来の原風景を示唆するモニュメント”



例えば「土偶」について考えてみます。
なぜ存在しなければならなかったのか。 ー それは極めて精神的な価値の試行錯誤であったかもしれません。

私たちの祖先は、自然に畏怖の念を抱きながらも、調和する努力をしながら生きていました。
この『夜明けの偶像』は、縄文時代、あるいはさらに遠くの古代を生きた人々の精神性へと思いを馳せ、
自然と調和するもう一つの近代の到来を告げる未来のモニュメントです。

象られた有機的なシルエットは、動物・植物・鉱物というすべての存在を貫くトーテミズムを想起させるでしょう。
そして、この偶像が生まれる瞬間、あるいは砕けちるその刹那は、新しい世界の訪れを予告するのです。




“Monument that suggests the original scenery of the future”

For example, consider "Dogu". Why did it have to exist?  -It may have been a trial and error of extremely spiritual value.

Our ancestors lived in harmony, naturally in awe. This "icon of the Dawn" reminds us of the spirituality of people who lived in the Jomon period or even farther in ancient times. It is a future monument that heralds the arrival of another modern era in harmony with nature.

The organic silhouette engraved will remind us of the totemism that pervades all beings of animals,plants and minerals. And the moment when this icon is born,or the moment when it shatters, foretells the arrival of a new world.