“< >”

2021, Japanese paper, Drawing paper,Water color paper, Inc, Acrylic, Acrylic mediums,
600×423 mm






“不可視な領域への入口 ー“


精神と物質の世界の裏に今一つの世界が開け、矛盾しながら映発する境界のない抽象的な空間性の輪郭を明確なものとします。
(『日本的霊性』 鈴木大拙 著 より)




自然界には、明確な境界線や直線は存在しません。
そうした自然界における不明瞭な境目の再現をした作品です。


この作品は、空間に在る「無」の輪郭を認識する行為であり、
知覚することの出来ない’ 存在 ’という矛盾に対して、1つの窓をしつらえる試みと言えるでしょう。



"Entrance to the invisible area - "

Another world opens behind the world of spirit and matter, clarifying the outline of the abstract spatiality without boundaries that is projected while contradictory. (From "Japanese Spirituality" by D. T. Suzuki)


There are no clear boundaries or straight lines in nature. It is a work that reproduces such an unclear boundary in the natural world.

This work is an act of recognizing the outline of "nothing" in space.
It can be said that it is an attempt to prepare one window for the contradiction of "Being" that cannot be perceived.